ホーム > キッズコーナー > 海の記念日発祥の地
ウッピー君
うみ記念日きねんび青森港あおもりこう発祥地はっしょうちなんだよ!

四方しほううみかこまれている日本にほんでは、はるかむかしからうみふかかかわる生活せいかつおくってきました。人々ひとびとおうらいもの輸送ゆそう漁業ぎょぎょうなどの産業さんぎょう海水浴かいすいよくやスポーツなど、いろんなひと生活せいかつうみかかわっています。
おおくのひとうみしたしみ、うみ役割やくわりをもっとるためにまれたのが「うみ記念きねん」です。

海の記念日はこうして生まれた!

 1876(明治めいじ9)ねんに、明治天皇めいじてんのう東北とうほく北海道ほっかいどう巡幸じゅんこうされました。そのとき青森港あおもりこうから函館はこだてて、横浜よこはままでの海路かいろ軍艦ぐんかんではなく、はじめて灯台とうだい視察しさつせん明治めいじまる」により航海こうかいおこない、横浜よこはま寄港きこうされたのが7がつ20でした。この記念きねんして1941(昭和しょうわ16)ねんに7がつ20を「うみ記念きねん」として制定せいていしました。このことから青森港あおもりこうは「うみ記念きねん」がさだめられた記念きねん発祥はっしょう)ということがいえます。

海の記念日発祥の地碑が青森港にあるんだ!

海の記念日発祥の地碑 明治天皇めいじてんのうが、青森港あおもりこうにあった桟橋さんばしから7がつ16にち出航しゅっこうされ、7がつ20横浜よこはま寄港きこうされたことを記念きねんする「うみ記念きねん発祥はっしょう」が、聖徳しょうとく公園こうえんにあります。

国民の祝日「海の日」

 1941(昭和しょうわ16)ねんに7がつ20を「うみ記念きねん」として制定せいていしてからは、全国ぜんこくかくうみ関係かんけいするひとたちがうみにちなんだ行事ぎょうじおこなってきましたが、よりおおくのひとうみはたら人々ひとびとのことをっていただきたいというねがいから、1996(平成へいせい8)ねんに7がつ20国民こくみん祝日しゅくじつうみ」とすることがさだめられました。2003(平成へいせい15)ねんからは、「うみ」が7がつだい3月曜日げつようびあらためられました。

ページ先頭へ
青森港湾事務所
〒030-0802 青森県青森市本町 3丁目6番34号 地図
TEL:017-775-1394(代表)
FAX:017-775-1396