ホーム > 事務所紹介 - 防波堤をつくる

防波堤をつくる

 防波堤はケーソンというコンクリートの函をいくつも並べて造ります。下の図は一般的な防波堤の作り方を紹介したものです。

(1)基礎工 (2)基礎工 (3)本体工
作業船がクレーンで石を海中に投入しているイラスト 作業員が潜水服を着て海中で作業しているイラスト ケーソンを船で引っ張っているイラスト
基礎となる石を投入します ケーソンを載せる土台を整えます ケーソンを船で土台の上まで運びます
(4)本体工 (5)本体工 (6)上部工
クレーンでつり下げケーソンを降ろしているイラスト クレーンで中詰材をケーソン内に投入するイラスト ケーソン上にコンクリートを乗せているイラスト
ポンプでケーソンに水を入れながら正しい位置に据えます ケーソンが波で動かないようにするため、中詰材(石、砂)をいれます 波に耐えるための重量を確保するため、必要な高さまで仕上げます
(7)消波工 (8)防波堤の完成  
作業船がブロックを降ろすイラスト 完成したイラスト
必要な場合、波消し用のブロックを据え付けます    

防波堤スライドショー

 ここではフェリー埠頭の沖館地区西防波堤の建設状況を、施行写真スライドショーにより紹介します。防波堤は本来立入禁止ですが、この防波堤は、市民や、フェリーを利用する人に開放するため、安全対策として、上部に柵を設置し、足下には滑りにくいホタテタイルを使用しました。

※スライドショーをご覧になる際は、Adobe Flash Playerをインストールしてご覧下さい。

フラッシュムービーによる防波堤スライドショーページへ
ページ先頭へ