ホーム > 事務所紹介 - 岸壁をつくる

岸壁をつくる

 岸壁は船を接岸し、人や貨物を荷役するための大切な施設です。建設場所やその地盤の強度、利用形態により、構造も様々です。ここでは、青森港の沖館地区岸壁(矢板構造)の建設を事例に説明します。

(1)地盤改良工事 (2)鋼管矢板打設 (3)控工
作業船が杭を海底に打ち込んでいるイラスト 作業船が鋼管矢板を打設しているイラスト 鋼管矢板を打設後のイラスト
砂抗を打込み地盤の強度を高めます 鋼管矢板を打設します 矢板の背後に抗を打ち込みタイロッドで矢板を引っ張り、支えます
(4)裏込工 (5)裏埋工 (6)浚渫
作業船が矢板の背後に石を入れているイラスト 矢板と陸側の海に土砂を入れるブルドーザーのイラスト 作業船が海底を掘るイラスト
矢板の背後に石を入れます 裏込後、土砂を入れます 規定の水深まで海底を掘ります
(7)舗装工 (8)岸壁の完成  
土砂をならす作業車のイラスト 完成したイラスト
地盤を均して締め固めを行い、舗装します    

岸壁スライドショー

 ここでは、沖館地区のマイナス13m岸壁の建設状況を施工写真スライドショーにより紹介します。この岸壁は、青森港では1番大きく、最大で約5万トンの船を接岸することが出来、主に鉄鉱石や木材などの荷役が行われています。

※スライドショーをご覧になる際は、Adobe Flash Playerをインストールしてご覧下さい。

フラッシュムービーによる防波堤スライドショーページへ
ページ先頭へ