ホーム > 事務所紹介 - ごあいさつ

ごあいさつ

事務所長あいさつ-

 ようこそ、青森港湾事務所のホームページへ。
 青森港湾事務所は、国土交通省東北地方整備局に所属し、生活や産業の基盤となる社会資本の整備を通じて、国土の管理や地域づくりに取り組んでいます。
 当事務所は、社会資本のうち、国が行う港湾の整備、利用、保全及び管理に関する事務を行っており、青森県内の津軽地域、下北地域が管轄区域となっています。  具体的に現在、当事務所で行っている取り組みのうち主なものは以下のとおりです。

  • 青森港を利用する船舶が、安全に安定して貨物の取り扱いができ、また、船舶の利用者が、安全に安心して船に乗り降りできるよう、水面を静穏にするとともに、高潮や高波による被害を軽減するための防波堤の整備
  • 国の施設が将来にわたってきちんとその機能を果たせるような施設の保全に関する取組
  • 港の保安対策
  • みなとづくりを通じたまちづくりへの支援
  • 地域の発展に必要となる港の機能に関する調査

 青森港は、古くから海上輸送の拠点として利用され、まちとともに発展してきました。
 港は一般に物流の拠点として近寄りがたい雰囲気を持っていることもありますが、必ずしもそうではありません。みなとづくりは、地域の産業の基盤としてだけでなく、青森港のようにまちに近いという特徴をさらに引き出し、活かすことによって、地域づくりにもつながっていきます。 皆様もぜひ、港に足を運んでその動きや姿、まちとの関係をごらんになってはいかがでしょうか。青森港なら、出入りする船や活発にフェリーに乗降するトラックの様子、青い海公園、プロムナードデッキに立ち、海側からの青森市街地などをみることができます。港とまちについて新たな発見があるかもしれません。
 今後も、安全に安定して、使いやすく親しまれるみなとづくりのために、青森港を管理する青森県や、港とともに発展してきた青森市などの関係行政機関、利用者である民間の企業や団体、地域づくりに取り組むNPOの方々をはじめ、みなさんのご意見を聞きながら、全力を挙げて取り組んでまいります。

青森港湾事務所の足跡
1624(寛永元年) 青森港 津軽2代藩主信枚公の命により、森山弥七郎が開港
1906(明治39年) 青森港 限定貿易港に指定(開港)
1907(明治40年) 青森港 第2種重要港湾に指定
1908(明治41年) 青森港 青函連絡船就航
1915(大正  4年) 青森港 築港第1期工事開始(完成同13年)
1932(昭和  7年)    事務所 内務省仙台土木出張所青森港修築工場開設
(翌年3月事務所に改称)
青森港 築港第2期工事開始(完成同18年)
1951(昭和26年) 青森港 港湾法による重要港湾に指定
深浦港 港湾法による避難港に指定
尻屋岬港 港湾法による避難港に指定
1952(昭和27年) 事務所 運輸省第二港湾建設局青森港工事事務所に改称
1953(昭和28年) 深浦港 国直轄工事着手(深浦港、尻屋岬港)
1958(昭和33年) 青森港 輸入木材及び検疫港に指定
1963(昭和38年) 尻屋岬港 直轄事業終了
1965(昭和40年) 深浦港 第1期直轄工事終了(東防波堤)
1972(昭和47年) 青森港 港湾区域を浅虫地区も含む区域に拡張
1974(昭和49年) 深浦港 第2期直轄工事開始(西防波堤)
青森港 沖館地区フェリーふ頭供用開始
1997(平成  9年) 事務所 運輸省第二港湾建設局青森港湾工事事務所に改称
2001(平成13年) 事務所 国土交通省 東北地方整備局 青森港湾工事事務所に改称
深浦港 第2期直轄工事終了(西防波堤)
2002(平成14年) 事務所 青森港湾工事事務所設置70周年
2003(平成15年) 事務所 国土交通省 東北地方整備局 青森港湾事務所に改称
青森港 本港地区 新中央ふ頭岸壁供用開始
2004(平成16年) 青森港 本港地区 北防波堤供用開始
2005(平成17年) 青森港 フェリー埠頭第4バース耐震強化事業本格着手
2006(平成18年) 青森港 「みなとオアシスあおもり」誕生
2007(平成19年) 青森港 油川地区防波堤(第一北)ケーソン製作・据付開始
2008(平成20年) 青森港 フェリー埠頭第4バース耐震強化事業終了・供用開始
2010(平成22年) 青森港 重点港湾に指定
ページ先頭へ
青森港湾事務所
〒030-0802 青森県青森市本町 3丁目6番34号 地図
TEL:017-775-1394(代表)
FAX:017-775-1396