ホーム > 青森県の港 - 尻屋岬港の概要
深浦港 尻屋岬港 仏ヶ浦港 川内港 大間港 関根浜港 小湊港 大湊港 七里長浜港

尻屋岬港

津軽海峡を航行する船舶を守る、

下北半島最北端の避難港

尻屋岬港位置

【尻屋岬港 位置図】

尻屋岬港航空写真

 尻屋岬港は、下北半島最東端の尻屋崎から約2.5km南西側に位置し、津軽海峡を航行する船舶の避難港として重要な役割を果たしています。
 深浦港と同じく昭和26年に避難港に指定され、昭和28年度から直轄工事に着手し、昭和38年度に完工し、付近航行船舶の海難防止に寄与しています。

 また、同港の整備により、下北半島の東端に埋蔵されている無尽蔵ともいわれる石灰石と8,000万トンの砂鉄の海上運搬に活用することが可能となり、現在は商港的な機能が充実してきています。

 下北半島の尻屋崎には明治9年に建造され、現存するれんが造りの灯台としては日本一の高さを誇る尻屋崎灯台があり、付近を航行する船舶の安全を120年以上にわたって守ってきました。


完成時の尻屋岬港

尻屋崎灯台と寒立馬
ページ先頭へ
青森港湾事務所
〒030-0802 青森県青森市本町 3丁目6番34号 地図
TEL:017-775-1394(代表)
FAX:017-775-1396