ホーム > トピックス 令和2年度 > 浜町緑地で稚魚放流を行いました!

浜町緑地で稚魚放流を行いました!


2020年7月7日

 6月21日(日)に青森港の浜町緑地にて、(公財)日本釣振興会青森県支部と青森港の未来を考える会によるアイナメの稚魚放流を行いました。
 今回、新型コロナウイルス感染症の影響により令和2年度の釣り限定開放の日にちが決まっていませんでしたが、アイナメの稚魚が大きく育ってしまうことが懸念されたため、特別に開放しました。
 当日、参加した子供たちは楽しんで稚魚を放流しており、賑わいをみせていました。その他、稚魚放流後に清掃活動の一環としてごみ拾いが行われ、子供たちが積極的にごみを拾う姿が印象に残りました。今後も浜町緑地で限定開放を行う予定ですので、ごみの持ち帰り等の釣りのルールを守り、安全に釣りを楽しんでいただけると嬉しいです。
 
 最後に、令和2年度の限定開放の予定につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、7月から10月までとし、開放場所を浜町緑地に限定して開放することとなりました。
限定開放の詳細情報は同ホームページの「釣り情報」に記載しており、下記リンクよりご覧になれます。 http://www.pa.thr.mlit.go.jp/aomori/fishing/index.html

 

稚魚を放流する子供たち ゴミ拾いの様子
▲稚魚を放流する子供たち ▲ゴミ拾いの様子
釣りを楽しむ様子 釣れた魚
▲釣りを楽しむ様子 ▲釣れた魚


ページ先頭へ