ホーム > トピックス 平成27年度 > 合浦小5年生の体験学習開講

「青森港を学ぼう!」 合浦小5年生の体験学習開講!!

2015年7月7日

 今年度第1回目となる総合学習が、7月6日(月)に青森市立合浦小学校5年生22名を対象に行いました。青森港湾事務所では、総合的な学習の一環として平成10年から毎年小学生を対象とした青森港の体験学習を実施しています。

 教室では、青森港の歴史や役割について学び、その後、2階からケーソンの製作現場を見学し、防波堤ができるまでの流れについて勉強しました。
 また、港湾業務艇『つがる』に乗船し、防波堤などの港湾施設を船の上から青森港を実際に見学していただきました。
 当日は、防波堤の工事を行っている起重機船が作業している様子や、ドイツから堤埠頭に運ばれた巨大な風力発電の機材など、普段見ることのできない見学となりました。
 デッキに出た際には、海風を感じながら楽しそうに声をあげ、楽しげに青森港を眺めていました。
 参加した子供たちからは、「初めて知ることが多くて楽しかった。」、「いろいろなことを勉強できて、船にも乗れて良かった。」といった感想をいただきました。

 この総合学習を機に、これからも子供たちがもっと青森港に興味を持っていただけたらと思います。

ページ先頭へ