ホーム > トピックス 平成27年度 > 「青森港ビジョン」パネル展を実施

青森港築港100周年記念事業に併せ、「青森港ビジョン」パネル展を実施

2016年1月29日
▲パネル展示会場の様子 ▲パンフレット配布中(ご自由にどうぞ)

 2月20日、みなとオアシスである八甲田丸船内ホールで行われる、青森港築港100周年記念事業「青森港の未来を考えるフォーラム」に先立ち、同船内受付前のスペースで「青森港ビジョン」パネル展を実施しています。

期間はフォーラム開催日の2月20日まで。観覧は無料となっています。ぜひお越しください!
※パネル展の観覧のみ無料です。八甲田丸船内の見学は有料となりますのでご了承ください。

「青森港ビジョン」とは
 青森港は、本州と北海道を結ぶフェリー航路が就航する重要な物流拠点として、また東北最大のクルーズ拠点として発展しており、先の東日本大震災時には、緊急物資輸送等で大きな役割を果たしました。
 こうした中で、地元関係者や学識経験者等が議論する場として「青森港みなとづくり懇談会」を設け、将来の青森港の姿を示す「青森港ビジョン」を策定しました。(平成27年2月17日策定)
「青森港ビジョン」詳しくはコチラ

 青函連絡船として活躍した八甲田丸とともに、「青森港ビジョン」パネル展へ是非足を運んでみてはいかがでしょうか。


[添付ファイル]
「青森港の未来を考えるフォーラム」

※添付ファイルを保存したい場合には、対応するアプリケーションが起動しますので、
そのアプリケーションにて、「名前を付けて保存」を行なって保存して下さい。
Windowsでは、右クリックにて「対象をファイルに保存」でもダウンロード可能です。

ページ先頭へ