メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 学習コーナ > 港と空港のしくみ > 岸壁の構造様式のちがい

岸壁の構造様式のちがい

更新日:2020年10月6日

岸壁の構造については、自然条件(地盤が固いとか、やわらかいなど)や港湾の利用形態などにより、矢板式・重力式・桟橋式の形式があります。

以下に3つの構造形式を紹介しましょう。

矢板式

矢板を打ちこみ、土をとめて上部を舗装します。
多くの場合、基礎としての水中作業が少ないため、急速な作業に適しています。

(1)矢板式図

重力式

土台の上にケーソンやブロックをのせ、上部を舗装します。
コンクリートなどを使用するので比較的堅固で耐久性にすぐれています。

(2)重力式図

桟橋式

一般に土をとめる壁の前面に桟橋を設け、上部を舗装します。
やわらかな地盤に適しています。

  • (3)桟橋式図

     

  • 大きなけい船柱

    大きなけい船柱

  • 河原木1号ふ頭(ポートアイランド) G岸壁は桟橋式になっています

    河原木1号ふ頭(ポートアイランド) G岸壁は桟橋式になっています