東北クルーズ振興連携会議

ホーム > クルーズ振興 > 東北クルーズ振興連携会議

 近年、世界のクルーズ人口は、アジアの経済成長等を背景として大きく増加しています。
 政府は「観光先進国」への新たな国づくりに向けて策定した「明日の日本を支える観光ビジョン」でクルーズ船の寄港を活かした地方の創生を図ることを目指し、訪日クルーズ旅客を2020年に500万人とする新たな目標に挑戦することとしています。
 東北地域においても国内外のクルーズ船寄港を活かした観光振興・地域振興を活性化させることを目的として、クルーズ船受入体制等について東北地域全体で取り組んで参りたいと考えております。

    ■最新の活動

    東北クルーズ振興連携会議「クルーズシンポジウム」

    H29symposium_02

    H29symposium

    東北クルーズ振興連携会議 平成29年度総会

    H29soukai.jpg

    平成29年度 第2回検討部会・勉強会

    日時:平成29年12月21(木)

    場所:TKPガーデンシティー仙台会議室 ホール21C・ホール21D

    ≪検討部会≫

    ・東北クルーズ振興連携会議の活動について

     (1)前総会からの活動報告について

     (2)平成30年度活動計画(案)について

    ・外航クルーズ受入に係る施策の検討について

     

           

    H29_02kentoubukai.jpg

    検討部会の様子

    ≪勉強会≫

    ◆基調講演

     テーマ『チャータークルーズ企画の要点』

     講 師:(株)JTB首都圏 クルーズ事業部

           仕入企画課長 中島 秀二氏

    【内容】

     ・チャータークルーズ船を呼び込むための方策について

       ご講演いただきました。

     

      

    H29_02benkyoukai.jpg

    勉強会の様子

    平成29年度 第1回勉強会

     東北地域クルーズ船寄港増加に向け、構成員およびオブザーバーの実務担当者同士の情報・意見交換等を行うために勉強会を開催しました。

    日時:平成29年9月14(木)

    場所:TKPガーデンシティー仙台会議室 ホール21C・ホール21D

    ≪第1部≫

    ◆平成29年度の調査・研究中間報告について

     ・アジア地域におけるクルーズ情勢

     ・クルーズシッピングコンベンションの状況についてなど

    ◆平成29年度外航クルーズ船誘致促進事業について

    ◆プロモーション地方連携事業について

    ◆情報提供

     ・クルーズ船誘致に向けた取り組み

    ◆その他

     

     

    H29_01benkyoukai_1.jpg

    勉強会(第1部)の様子

    ≪第2部≫

    ◆基調講演

     テーマ『東北地域のクルーズ船寄港拡大に向けて』

     講 師:コスタ・クルーズ日本支社長 糸川 雄介氏

    【内容】

     ・コスタ・クルーズのアジア展開や東北寄港の可能性に

      ついてご講演いただきました。

     

     

    H29_01benkyoukai_2.jpg

    勉強会(第2部)の様子

     

    平成29年度 第1回検討部会

     平成29年6月9日(金) 東北地方整備局港湾空港部A・B会議室(仙台合同庁舎B棟9階)

     平成29年度の活動計画について

     (1)年間スケジュールの確認

     (2)連携会議、検討部会、勉強会の開催について              

     (3)調査研究の事項について

     (4)情報発信について

     

     

    H29_01kentoubukai.JPG

    検討部会の様子

    東北クルーズ振興連携会議設立記念フォーラム

    foram.JPG

    東北クルーズ振興連携会議 設立総会

    soukai.JPG