海とみなとの相談窓口

ホーム > 海とみなとの相談窓口

 地域の皆さまからの「海」や「みなと」に関する様々なご意見・ご質問・ご相談にお答えし、地域に密着した港湾行政を展開していくため、国土交通省の各地方整備局港湾空港部及び全国各地の事務所に設置した窓口です。

設置目的

 平成8年に「海の日」が国民の祝日となり、環境問題が注目を集める中で、国民の海やみなとに対する関心は年々高まりを見せています。

 港湾は私たちの生活や産業活動を支える重要な役割を担っており、平成14年度より導入されている小中学校の 「総合的な学習の時間」の素材としても取り上げられてきています。

 また、地域住民やNPO等が主体的・積極的に参画し「みなとまちづくり」を推進したり干潟の保全・再生や海辺の森づくりなど沿岸域における自然再生を推進していこうとする動きも出てきていますが、地域の方々からは、このような場合に行政機関のどこに相談していいかわからないといった声も聞かれます。

 そこで、海やみなとに関する地域からの様々な相談に応じ、地域に密着した港湾行政を展開していくため、「海とみなとの相談窓口」を設置することとしました。

対応する相談内容

 「海とみなとの相談窓口」は海とみなとに関する総合的な相談窓口として、次のような相談に応じます。

  • 海やみなとの利用に関する相談
  • 「総合的な学習の時間」に関する相談
  • みなとの構想や計画に関する相談
  • みなとまちの活性化やウォーターフロントに関する相談
  • 海やみなとでの自然再生や緑地の維持管理に関する相談
  • 海での自然体験、環境学習に関する相談
  • 海洋土木技術に関する相談
  • みなとの防災に関する相談
  • その他の海とみなとに関する相談

ご相談への対応

 平成8年に「海の日」が国民の祝日となり、環境問題が注目を集める中で、国民の海やみなとに対する関心は年々高まりを見せています。

 港湾は私たちの生活や産業活動を支える重要な役割を担っており、平成14年度より導入されている小中学校の 「総合的な学習の時間」の素材としても取り上げられてきています。

 また、地域住民やNPO等が主体的・積極的に参画し「みなとまちづくり」を推進したり干潟の保全・再生や海辺の森づくりなど沿岸域における自然再生を推進していこうとする動きも出てきていますが、地域の方々からは、このような場合に行政機関のどこに相談していいかわからないといった声も聞かれます。

 そこで、海やみなとに関する地域からの様々な相談に応じ、地域に密着した港湾行政を展開していくため、「海とみなとの相談窓口」を設置することとしました。

 まずは、全国共通フリーダイヤル(0120─497─370)にお電話ください。電話をおかけになった地点の最寄りの窓口が対応いたします。

 なお、専門的なご質問などでは、すぐにご対応できない場合もあるかと思いますが、折り返しのお電話、FAX、メールでのご返信、あるいは他の機関の専門家をご紹介するなど、責任を持って対応いたします。

受付時間:9時30分から12時と13時から17時(土・日・祝祭日を除く)

メールでのお問合わせ
info-k82ab@pa.thr.mlit.go.jp