みなとの魅力発信

 トピックスの中からオススメ情報をピックアップして紹介します。

『第3回国連防災世界会議 仙台開催』  防災に関するパネル展に出展しました

 去る3月14日から18日にかけて、宮城県仙台市の仙台国際センターにて「第3回国連防災世界会議」が開催されました。
 本会議開催期間中には関連事業として、仙台市内各会場でパブリックフォーラムの開催や防災に関するパネル展示が行われ、国土交通省では “MISSION 「忘れない」、「守りたい」 災害パネル展”を仙台市情報・産業プラザ(AER 5階)にて行いました。
 東北地方整備局港湾空港部では、沿岸自治体の津波防災に役立てていただくために「東北地方津波防災支援システムの紹介」と「GPS波浪計による波浪観測に関する模型展示」を行いました。

※当日配布した東北地方津波防災支援システムの紹介用パンフレット紹介用動画を見ることができます。
 

              

   「東北地方津波防災支援システムの紹介」               「GPS波浪計による波浪観測に関する模型展示」

 

 展示会場では、模型展示ということもあり、波をおこして遊ぶ親子連れや震災を経験した学生が津波防災支援システムへの高い関心を持って見学をしていました。また、国連防災世界会議へ参加するため来日していた、海外からの来訪者は「日本以外でもGPS波浪計の設置しているところはあるのか」、「災害時の情報伝達は確実のできるか」といった質問が飛び交い、大変盛況なものとなりました。 

 

        

                             展示会場の様子

※ 国連防災世界会議は、国連加盟国、国際機関、NGO代表などが参加し、国際的な防災戦略について議論する国連主催の会議です。