ホーム > 東北港湾の復旧・復興状況

東北港湾の復旧・復興状況

 東北地方の太平洋側港湾では、東北地方太平洋沖地震及びそれに伴う大津波により防波堤の倒壊、岸壁の損傷等の甚大な被害を受けましたが、平成25年9月までに被災した直轄港湾施設のうち約9割の施設の復旧が完了し、現在、残る施設の復旧を鋭意進めております。

 以下において、東北港湾の被災から復旧・復興に至る取組について時系列に紹介します。

各港における被災状況

八戸港 久慈港 宮古港 釜石港 大船渡港 石巻港 仙台塩釜港 相馬港 小名浜港
 

各港における啓開状況

八戸港 久慈港 宮古港 釜石港 大船渡港 石巻港 仙台塩釜港 相馬港 小名浜港
 

フェリーによる緊急輸送

 

東北港湾の復旧・復興基本方針

 

各港における復旧・復興方針(リンク)

八戸港 久慈港 宮古港 釜石港 大船渡港 石巻港 仙台塩釜港 相馬港 小名浜港
 

各港における復旧・復興状況

八戸港 久慈港 宮古港 釜石港 大船渡港 石巻港 仙台塩釜港(仙台港区) 仙台塩釜港(塩釜港区) 相馬港 小名浜港
 

東北港湾の岸壁復旧状況

上記7つの項目に関するお問い合わせ先
港湾計画課
TEL:022-716-0005 FAX:022-716-0017
 

港湾関係災害復旧工事の進捗状況 ※平成26年3月1日時点

釜石港湾口防波堤 大船渡港湾口防波堤 相馬港沖防波堤
 

港湾関係災害復旧工事の発注見通し

 

東北港湾における津波・震災対策技術検討委員会(第3回)

 

東日本大震災により被災した東北港湾における直轄港湾工事の資機材使用見込みについて

  • 東日本大震災により被災した東北港湾における直轄港湾工事の資機材使用見込みについて
 

港湾における震災がれきの活用事例

 港湾の災害復旧工事等において、震災がれきを活用している事例をまとめました(平成25年2月26日現在)。

 

「震災がれき等を港湾建設資材として活用する技術」に応募のあった技術

 「震災がれき等を港湾建設資材として活用する技術」には全部で36技術の提案を頂きました。これらの技術のうち、提案者から公表の了承を頂いた技術について公表しております。

各港復旧工事の当面の作業予定

上記7つの項目に関するお問い合わせ先
港湾事業企画課
TEL:022-716-0010 FAX:022-716-0018
 

仙台空港復旧・復興状況

仙台空港復旧・復興状況に関するお問い合わせ先
港湾空港整備・補償課
TEL:022-716-0008 FAX:022-716-0018
ページ先頭へ戻る
国土交通省 東北地方整備局 港湾空港部
〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院一丁目1番20号 花京院スクエア10階地図を表示
TEL:022(716)0001(代表) FAX:022(716)0017 info-k82ab@pa.thr.mlit.go.jp