みなとの魅力発信 ~旬な情報を提供します~

ホーム > みなとの魅力発信 ~旬な情報を提供します~ > Sea級グルメ全国大会in宮古、参加団体のご紹介(1)[平成27年9月1日]
map_01.png
oasis_uno_ontama.png
▲たまの温玉めし
oasis_setoda_nomiyaki.png
▲多幸のみ焼き

oasis_yahatahama_jyako.png
▲じゃこカツ

 9月19日と20日の二日間、岩手県の宮古港 「みなとオアシスみやこ」において開催される 「第6回みなとオアシスSea級グルメ全国大会in宮古」 。

 全国のみなとオアシスがそれぞれ自慢のSea級グルメを持ち寄って、その味を競う大会です。大会にはすでに、北は北海道紋別、南は愛媛県八幡浜から、17のメニューがエントリー。今回紹介するのは、遠く、中国・四国地方から参加される3つのオアシス。

 

 

 

みなとオアシス宇野 (岡山県宇野港)

 岡山県からは、「みなとオアシス宇野」が参加。出店グルメはなんと、第1回全国大会のグランプリメニュー『 たまの温玉めし 』。宇野港がある玉野市特産の穴子を混ぜ込んだ焼きめしに温泉玉子をトッピング。醤油と蒲焼のたれの香りが食欲をそそる一品です。 

 

 

 

 みなとオアシスせとだ (広島県瀬戸田港)

 広島県からは、「みなとオアシスせとだ」が参加。瀬戸田港のある生口島は、瀬戸内海に浮かぶ、レモンの生産で有名な島です。出店グルメは常連にして第5回グランプリの『 多幸のみ焼き 』。地元で獲れたタコを中心に、キャベツや玉子を焼いた生地に挟み込んだ広島風リング焼き。ふわっ、トロッの食感で幸せ気分が広がります。 

 

 

 

八幡浜港みなとオアシス(愛媛県八幡浜港)

 愛媛県からは、「八幡浜港みなとオアシス」が参加。八幡浜港は、九州大分とのフェリー航路が就航し、四国の西の玄関口として、また漁業の基地として発展してきた港です。出店グルメはこちらも常連で第3回グランプリの『 じゃこカツ 』。八幡浜名産のじゃこ天のすり身に人参・玉ねぎを加え、パン粉をつけてコロッケ風に揚げたものです。衣はサクサク、中はふあふあの新食感です。

 

 

 

これから大会開催までの間、出場団体や出品されるSea級グルメを紹介していきます。 

Sea(シー)級グルメとは

みなとオアシスとは

宮古港開港400周年記念事業・イベント 

上記に関するお問い合わせ先
港湾物流企画室
TEL:022-716-0005 FAX:022-716-0017