みなとの魅力発信 ~旬な情報を提供します~

ホーム > みなとの魅力発信 ~旬な情報を提供します~ > Sea級グルメ全国大会in宮古、参加団体のご紹介(3)[平成27年9月10日]
map_03.png
oasis_gamagori.png
▲ガマゴリうどん
oasis_tsu.png
▲津ぎょうざ

oasis_harumaki.png
▲サメ春巻

 9月19日と20日の二日間、岩手県の宮古港 「みなとオアシスみやこ」において開催される 「第6回みなとオアシスSea級グルメ全国大会in宮古」 。

 全国のみなとオアシスがそれぞれ自慢のSea級グルメを持ち寄って、その味を競う大会です。大会にはすでに、北は北海道紋別、南は愛媛県八幡浜から、17のメニューがエントリー。今回紹介するのは、遠く、中国・四国地方から参加される3つのオアシス。

 

 

 

みなとオアシス蒲郡(愛知県三河港)

 愛知県からは、波穏やかで海の幸に恵まれた三河湾より「みなとオアシス蒲郡」が参加。出店グルメは「全国ご当地うどんサミット」等の大会でグランプリ獲得している「ガマゴリうどん」。アサリを贅沢につかったダシと喉ごしの良い麺が自慢の一品です。三河湾から生まれた日本一の味をお召し上がり下さい。 

 

 

 

 みなとオアシス津なぎさまち (三重県津松阪港)

 三重県からは、「みなとオアシス津なぎさまち」が参加。出店グルメは学校給食が発祥という「津ぎょうざ」。大きな皮で餡を包み、油で揚げるのが特徴。広島で開かれた前回大会ではエビや魚のすり身を使った「海老マヨ味」で出店し、見事優秀賞を獲得。次回開催地の代表として、津市民の味を全国に広めようと奮闘中です。 

 

 

 

みなとオアシスとば(三重県鳥羽港)

 三重県からはもう1箇所。伊勢神宮のお膝元から「みなとオアシスとば」も参加します。地元で獲れたサメの干物が古くから伊勢神宮に献上されたという土地柄。サメを使った春巻きという以外、詳細はベール(春巻きの皮?)に包まれたままの新作グルメです。どんな風味と食感が味わえるのか、とても楽しみな一品です。

 

 

 

これから大会開催までの間、出場団体や出品されるSea級グルメを紹介していきます。 

Sea(シー)級グルメとは

みなとオアシスとは

宮古港開港400周年記念事業・イベント 

上記に関するお問い合わせ先
港湾物流企画室
TEL:022-716-0005 FAX:022-716-0017