みなとの魅力発信 ~旬な情報を提供します~

ホーム > みなとの魅力発信 ~旬な情報を提供します~ > Sea級グルメ全国大会in宮古、参加団体のご紹介(4)[平成27年9月14日]
map_04_new.png
oasis_ikauni.png
▲八戸いか・うにバーガー
oasis_kajiki.png
▲ジャンボカジキメンチ

oasis_shirasu.png
▲大洗しらす丼

 9月19日と20日の二日間、岩手県の宮古港 「みなとオアシスみやこ」において開催される 「第6回みなとオアシスSea級グルメ全国大会in宮古」 。

 全国のみなとオアシスがそれぞれ自慢のSea級グルメを持ち寄って、その味を競う大会です。大会にはすでに、北は北海道紋別、南は愛媛県八幡浜から、17のメニューがエントリー。今回紹介するのは、遠く、中国・四国地方から参加される3つのオアシス。

 

 

 

 

 

みなとオアシス八戸(青森県八戸港)

 青森県からは、「みなとオアシス八戸」が参加。国内有数の水揚げを誇る港町八戸。なかでも水揚げ日本一を記録しているのがスルメイカ。そのスルメイカのミンチをカリカリに揚げて、これも八戸で水揚げされたウニの濃厚なドレッシングをあわせたメニュー。絶妙なコラボレーションをお楽しみ下さい。 

 

 

 

 いわき小名浜みなとオアシス (福島県小名浜港)

 福島県からは、「いわき小名浜みなとオアシス」が参加。カジキ釣りの聖地とも呼ばれる小名浜沖で獲れたカジキを100%使ったジャンボメンチカツ。こちらは第2回大会のグランプリメニュー。外はサクサク、中はモチモチ、まるでお肉のような食感をお楽しみください。 

 

 

 

 

 

みなとオアシス大洗(茨城県大洗港)

 茨城県からは、「みなとオアシス大洗」が参加。大洗港で水揚された新鮮なしらすを、大洗しらす職人が絶妙な塩加減で炊き上げました。うまみのある逸品を茨城産コシヒカリの温かいご飯にのせていただきます。素朴なメニューだからこそ味わえる、素材のよさと職人の技を堪能して下さい。

 

 

 

これから大会開催までの間、出場団体や出品されるSea級グルメを紹介していきます。 

Sea(シー)級グルメとは

みなとオアシスとは

宮古港開港400周年記念事業・イベント 

上記に関するお問い合わせ先
港湾物流企画室
TEL:022-716-0005 FAX:022-716-0017