みなとの魅力発信 ~旬な情報を提供します~

ホーム > みなとの魅力発信 ~旬な情報を提供します~ > 第7回東北広域港湾防災対策協議会を開催しました

 トピックスの中からオススメ情報をピックアップして紹介します。

~大規模災害時における港湾機能の継続に向けて~

第7回東北広域港湾防災対策協議会を開催しました

 平成29年3月1日、第7回東北広域港湾防災対策協議会(以下「東北広域協議会」という。)が仙台市青葉区「フォレスト仙台」において開催されました。

 第7回東北広域協議会においては、東北広域協議会員から、災害時に強い港湾を目指した東北各港の港湾機能継続計画(以下「東北広域港湾BCP」という)の理解・浸透・定着のための取り組み報告や、大規模災害時に港湾BCPが適切に機能するよう実効性を高める取り組みについて意見交換が行われました。また、次年度以降についても、港湾BCP等の「理解・浸透・定着」や「実効性の向上」をテーマに、引き続き継続的な取り組みを行っていく事務局提案について、出席者の合意が図られました。

 東北地域はこれまでに地震や津波によって、甚大な被害を受けた地域です。

 東日本大震災のような大規模災害が発生しても、一定の港湾機能を継続させ、大量輸送が可能な海上輸送により緊急物資を確実に受け入れることや、港湾機能全体を早期に回復させることにより、国民生活や経済活動を停滞させないことが重要です。

 そのため、東北地域では東日本大震災後、東北広域協議会を設立し、震災で得られた多くの教訓や課題を踏まえ、平成28年2月には重要港湾以上の全ての港湾BCPが策定されています。また、災害時の広域的な資機材調達や代替輸送について、各機関の役割や必要な事前対策等を示した東北広域港湾BCPも策定しております。

 ・日時:平成29年3月1日(水)15:30~17:30

 ・場所:フォレスト仙台「第2フォレストホール」

 ・参加人数:24名

 ・主催:東北広域港湾防災対策協議会

      事務局 東北地方整備局港湾空港部 港湾空港防災・危機管理課

170301.kyogikai1.jpg 170301.kyogikai2.jpg   
    ▲第7回東北広域港湾防災対策協議会の状況        ▲第7回東北広域港湾防災対策協議会の状況
        (平成29年3月1日開催)               (平成29年3月1日開催)