輸送トンキロ・輸送人キロ

輸送トン数や輸送人数は、輸送した物の重量や人の数は表されるが、輸送距離の概念が含まれていない。したがって、輸送活動の大きさを表すためには輸送トンキロ、輸送人キロの概念が生じてくる。例えば1トン(1人)の物(人)を10km輸送したときは、1×10=10トンキロ(人キロ)であるが、同じ1トン(人)を100km輸送したときは、1×100=100トンキロ(人キロ)となる。このように輸送活動を質的に比較するときはトン数(人員)とトンキロ(人キロ)の両者が必要である。

用船

海運会社が自社所有船ではなく、他者(外国の場合もある)から船を借りて運航すること。用船契約を結び、借主の会社は貸主の会社に対して船の借料(用船料)を支払う。