アンローダ(unloader)

荷役機械としての意味は、次の2つ。

クレーンの一種で岸壁において本船から鉱石や石炭などのばら貨物を陸揚げする機械。トラックや貨車、コンテナやパレットからの荷卸し装置。

一般公共海岸区域

公共海岸の区域のうち、海岸保全区域以外の区域。国有海浜地の占用許可、行為の制限、放置船等に対する簡易代執行などを海岸管理として行う。

インターモーダル ジャンクション(intermodal junction)

船とトラックや鉄道といった異なる交通機関(モード)間のスムーズな結節を行うための機能を有するターミナル。フェリーやRORO船や内航コンテナ船といったユニットロードターミナルとポートフリーウェイが連結されている他、貨物の仕分、展示等も行う複合施設が併設されている必要がある。

インランドデポ(inland depot)

港湾、空港以外の内陸部にある貿易貨物輸送基地で、貨物の集配、通関業務、保管などが行われる。多くの貿易貨物がコンテナ化されている現在、主としてコンテナの集配、コンテナへの荷詰め、取出しなどを行うフレートステーション機能を有し、貨物流動(荷送人→コンテナ船寄港地、コンテナ船寄港地→荷受人)の効率化とコンテナ貨物輸送の営業の拡大を目的としている。

FEU(forty-foot equivalent units)

40ft.換算のコンテナ取扱個数の単位。

FAL条約

(1965年の国際海運の簡素化に関する条約:Convention on Facilitation of International Maritime Traffic.1965)
1965年に政府間海事協議機関(現IMO:国際海事機構)で採択され、1967年に発効。海運をより円滑なものとするため、外航船舶の入出港、税関、入管、検疫等の諸手続及び必要書類の簡素化を図ることを目的としている。日本は2005年に締結した。

FAZ法

正式名称:輸入の促進及び対内投資事業の円滑化に関する臨時措置法。港湾又は空港及びその周辺の地域において行われる輸入の促進に寄与する事業及び対内投資事業者の事業を支援するための措置を講ずることにより、国民経済及び地域社会の国際経済環境と調和のある健全な発展を図り、あわせて国民生活の向上及び国際経済交流の促進に寄与することを目的として、1992年に制定された。2006年5月に廃止。

FOB(free on board)

本船渡し。貿易条件の一つで、商品の売主から買主への引き渡しが、船積港での本船への積込によって行われる取引をいう。

エプロン(apron)

接岸施設の陸側にあって、背後の上屋、野積場などまでのスペース。

沖合人工島

既存の陸域から離れた開放性の海域において埋立地等を造成し、多様な空間需要の要請に応えるとともに、背後に利用価値の高い静穏な海域を創出し、ウォーターフロント等と背後の静穏化された海域が一体となった海陸複合空間を確保する人工島。