港見学・出前講座のご案内

釜石港湾事務所では工事や港の役割等について広く知っていただくために、港見学や出前講座を行っております。

icon_01.gif港見学について
icon_01.gif出前講座について
icon_01.gif申し込み・問い合わせ方法 

港見学について

港見学について海上での工事の様子や、港の利用状況などを実際に見て頂きながら、説明いたします。
震災からの港の復旧への取り組みなどについてもご紹介します。

ご利用についての留意事項

場所 久慈港・宮古港・釜石港
開催時間 午前9:00から午後4:00まで
対象 地域にお住まいの方5名以上のグループ・NPO・自治体等の団体・教育機関、小中学校関係の方
経費 経費は無料です。詳細についてはご相談下さい。

※釜石港の場合、作業現場には主に船でしか行くことができません。乗船しての見学となり、港見学には通常40分から1時間程度時間がかかりますのでご了承ください。
※当日の波の状況から、船での対応を行うことができない場合もあります。
※船の定員の関係から16名までとさせて頂きますが、お時間のある場合は班を分けて乗船などの対応もさせて頂きます。

kengaku3         kengaku1         kengaku2


icon_01.gif申し込み・問い合わせ方法


出前講座について

出前講座は、港、海、地球環境、海洋土木技術、港湾物流などについての知識を深めて頂くことを目的として、私たち職員が出向いてお話しさせて頂きます。
意外と身近なようで遠い存在の港ですが、このような講座を聴いて頂いて港の重要さ、素晴らしさを知り、知識を深めて頂けるものと思います。
より一層皆さんのご要望にお応えできるよう「一般向け」と「小中学生向け」でメニューを揃えてみました。総合的学習の一環としてもご活用頂けます。
日頃の疑問や興味のある分野でお役に立てれば幸いです。皆さんからの出前注文をお待ちしております。

高校生・一般向けメニュー(参考)

講座名 講座内容 主な対象
港湾整備事業の概要 港湾(海岸)整備事業の仕組み 一般
荒波から港を守る防波堤の機能 防波堤の種類と造り方(津波防護型、海水交換型、波力発電型、反射波防止型等の技術、灯台について) 高校生・一般
エコポート(環境と共生する港湾)について 干潟の保全・創造、覆砂・エアレーション、海水交換堤、海生生物に配慮した海洋構造物等 一般

 

小中学生向けメニュー(参考)

講座名 講座内容 主な対象
港と暮らしのかかわり 外国と貿易の出来る港、空港とは・・食材・衣類をはじめとする貿易と日常生活の密接なつながり 小中学生
世界各地と日本を結ぶ港 資源の乏しい島国日本にとって、原材料の輸入は必要不可欠であり、その手段として船舶による輸送と港湾の果たす役割の重要性 小中学生
みなとで働くひとびと みなとを「作る人、使う人、整理する人、守る人たち」など、みなとで働く人ひとびとの役割を紹介し、みなとの仕組みを伝える 小中学生
遊ぶ船・運ぶ船・働く船 ヨット・クルーズ客船・コンテナ船・夢の貨物船TSL・クレーン船・漁船などの船の世界 小中学生
波浪を防ぎ津波と地震に強い港 地震国である日本において、大規模災害から住民生活を守るために必要な津波防波堤や地震に強い岸壁 小中学生
市民が自然とふれあえる海辺 海辺で市民が自然と生き物にふれあえて、快適空間を創造する環境整備について説明 小中学生

※メニュー以外にも相談頂ければ対応致しますので申しつけ下さい。

ご利用についての留意事項

出張場所 原則として岩手県内とさせて頂きます。
講座会場 会場の手配、準備、後片付け、開催の周知などについては申込者の方で手配願います。
開催時間 午前10:00から午後8:00までの間で、2時間以内とさせて頂きます。
対象 地域にお住まいの方10名以上のグループ・NPO・自治体等の団体・教育機関、小中学校関係の方
経費 講義料は無料です。ただし出張に掛かる交通費は原則として依頼者負担とさせて頂きたいと思いますが、詳細についてはご相談下さい。

 

          demae2      


icon_01.gif上へもどる


申し込み・問い合わせ方法

  1. 希望するメニュー、ご要望等記入
  2. 講座希望日
  3. 講演場所(住所),または見学したい港 
  4. 聴講対象者(小学生等、人数)
  5. 依頼者連絡先(住所、氏名、電話番号)

上記について記入の上、FAX・郵便・メールにてご注文下さい。
FAX:0193-22-4651
郵便:〒026-0011
岩手県釜石市港町二丁目7番27号 国土交通省東北地方整備局釜石港湾事務所
企画調整課宛
TEL:0193-22-9118 (企画調整課)
メール: pa.thr-i-kamaishi@mlit.go.jp

※なお、誠に勝手ながら準備の都合もありますので、講演希望日の1ヶ月前までにお申し込み下さい。

icon_01.gif上へもどる