ホーム > 福島のみなと > 小名浜港の概要

小名浜港の概要

  小名浜港は、東京と仙台のほぼ中間、福島県沿岸南東部のいわき市にあり、温暖な気候と豊かな海に恵まれた港です。
  港の歩みは、江戸時代の幕府上納米の積出港に始まり、明治時代は江戸時代末期に発見された石炭の積出港として栄えました。大正時代は東京、塩釜間の避難港として港の修築工事が行われ、これを契機に本格的な商港を望む声が高まり、昭和2年の重要港湾指定につながりました。そして昭和4年に町民の並々ならぬ情熱による大陳情団「白だすき隊」により予算復活が実現したことや、39年の新産業都市「磐城・郡山地区」指定などを弾みに、国際貿易港として着実な発展をとげてきました。

小名浜港航空写真

ページ先頭へ戻る
1号ふ頭 2号ふ頭 3号ふ頭 4号ふ頭 5・6号ふ頭 7号ふ頭 藤原ふ頭 大剣ふ頭