メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > みなとの取組 > 港の物流 > 東北国際物流戦略チーム

東北国際物流戦略チーム

更新日:2022年6月15日

東北国際物流戦略チームとは

東北国際物流戦略チームは、東北地方の港湾・空港の利活用の促進により、地域活性化につながる効率的な国際物流の実現のため、産学官で連携し施策の検討を行うものです。
【事務局:(一社)東北経済連合会、東北地方整備局、東北運輸局】。

本チームは、学識経験者、荷主及び物流事業者並びに物流関係団体、荷主関係団体、経済団体及び行政機 関等をもって構成され、東北地域(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県及び新潟県の地域をい う。)における国際物流と国内物流が一体となった効率的で総合的な物流体系を構築することにより、地域 の活性化に寄与することを目的としています。

なお、本チームは、平成17年11月に閣議決定された「総合物流施策大綱(2005-2009)」及び平成19 年3月に(社)東北経済連合会(当時)による「東北における戦略的国際物流体系の構築に向けて」の提言を鑑み、設立したものです。

 

最新の本部会の概要 第16回本部会 【議事内容】


(1)東北港湾の貨物取扱動向
(2)復興道路・復興支援道路全線開通について
     東北地方新広域道路交通計画について
(3)東北港湾と産地が連携した農林水産物・食品の輸出促進方策の検討
(4)情報通信技術を活用したスマート化の検討
(5)港湾の脱炭素化に向けた取り組み
(6)環日本海側港湾を取り巻く情勢報告
(7)その他

 

過去の本部会の概要


こちらをご覧ください。

 

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。