国土交通省 東北地方整備局 仙台港湾空港技術調査事務所
ホーム とらえる おう さぐる いどむ いかす そなえる

トピックス

       平成29年度 民間技術発表会(第2回)を開催しました


 平成30年2月21日(水)、東北地方整備局港湾空港部 会議室をメイン会場(聴講者約60名)として、管内港湾空港関係事務所へ映像配信を行い、民間技術発表会(第2回)を開催しました。

 民間技術発表会は、平成16年度から民間の方々が開発された新技術等を東北の港湾・空港整備に有効活用することを目的に、職員と民間事業者の方との意見交換の場として開催しています。今回は8つの技術が発表されました。

1)NSカバープレート(防食機能付き橋梁常設足場)【新日鉄住金エンジニアリング株式会社】
2)土留部材引抜同時充填工法【協同組合Masters地盤環境事業部会土留部材引抜同時充填工法研究会】
3)ケーソン自動制御据付システム(函ナビ-Auto)【東洋建設株式会社】
4)洗掘防止用アスファルトマット【日本海上工事株式会社】
5)ネットバッファ工法【前田工繊株式会社】
6)アスファルト舗装の長寿命化技術【ニチレキ株式会社】
7)べヴェルプラグ工法(コンクリート構造物ひび割れ注入工法)【株式会社日本メンテ】
8)SDM-Fit工法【小野田ケミコ株式会社】

 本発表会をとおし、各社の新技術の取り組みを理解することができたとともに、活発な意見交換ができました。また、公共工事等において幅広く有効活用されることを期待しております。

 

    pat1.JPG  pat2.jpg

      pat3.jpg  pat4.jpg                                                                                                                                                                                                  民間技術発表会開催状況