国土交通省 東北地方整備局 塩釜港湾・空港整備事務所
トップ > 仙台塩釜港(石巻港区) > 石巻ケーソンヤード

 

仙台塩釜港(石巻港区) 石巻ケーソンヤード

石巻ケーソンヤードは、最大3,000トンのケーソンを同時に4函製作できる、国内最大級の「斜路式(進水方式)」ケーソンヤードです。


ケーソンヤード全景

ケーソン進水

石巻ケーソンヤードの整備経緯

仙台塩釜港仙台港区のケーソンヤード施設は、整備後30年近くが経過し、老朽化が著しく、全面的な改修・更新時期にきていました。一方、船舶の大型化やコスト縮減等のニーズに対応するため、石巻港西浜地区を移転先とし、新たにケーソンヤードを建設しました。

平成 9年 8月 ケーソンヤード現地着工
平成 12年 2月 一部施設の暫定供用を開始
平成 12年 5月 第1号ケーソンの進水式
平成 12年 10月 ケーソンヤード完成(現在クレーン撤去済み)

 

 

ケーソンヤード製作能力

区分 石巻ケーソンヤード
製作最大重量 3,000トン
進水最大喫水 -10m
最大平面形状 20m×25m
ケーソン移動方式 自走式ジャッキ台車
進水方式 斜路


仙台塩釜港(石巻港区)とケーソンヤード 平成16年3月撮影


ケーソンヤードの施設概要

ページ先頭へ戻る