トップ > 仙台塩釜港(仙台港区) 概要・沿革

 

仙台塩釜港(仙台港区) 概要・沿革

仙台塩釜港仙台港区は、昭和39年(1964年)3月に新産業都市「仙台湾地区」の指定を受け、臨海型工業の開発拠点として港湾計画が策定された堀込港湾です。昭和42年(1967年)12月から建設工事が始まり、その後、昭和44年(1969年)の港湾計画変更で商港機能を追加、昭和46年(1971年)7月に開港しました。平成13年(2001年)4月には特定重要港湾へ昇格しました。背後地への企業進出に伴い、仙台港区の取り扱い貨物量も順調に増加しており、近年のコンテナ化等の輸送革新に対応するため、国際海上コンテナターミナルを整備し、平成8年4月に竣工しました。

現在は、完成自動車やRORO貨物とバラ貨物の混在により稠密な利用状況になっている中野ふ頭において、満載入港できない船舶大型化と混雑緩和への対応として国際物流ターミナル(水深14m)の整備を進めています。また、平成24年(2012年)10月の3港統合および平成25年(2013年)6月の港湾計画改訂により、仙台港区はコンテナや完成自動車などを扱うユニット貨物の拠点としての役割を担い、今後、東北唯一の国際拠点港湾として、東北の産業競争力を高めるとともに、産業・雇用・暮らしを守り、発展させることを目指しています。

仙台塩釜港(仙台港区)航空写真
平成24年3月撮影


着工時/昭和44年4月撮影

主要施設の概成/昭和54年撮影

昭和62年撮影

仙台塩釜港(仙台港区)の沿革

昭和 39年 3月 新産業都市「仙台湾地区」に指定
    8月 港湾計画改訂(仙台港区の工業港計画新規策定)
昭和 42年 12月 仙台港区建設工事に着手
昭和 44年 3月 港湾計画改訂(商港計画追加)
昭和 46年 5月 貿易港として塩釜港へ編入(関税法)
    6月 第一船入港
    7月 植物輸入港に指定(植物防疫法)
昭和 48年 3月 中野埠頭(水深12m)岸壁完成
    4月 名古屋~仙台~苫小牧間フェリー就航
    12月 仙台~苫小牧間フェリー就航
昭和 49年 3月 南防波堤(1,800m)完成
昭和 52年 11月 中野埠頭(水深10m)岸壁完成
昭和 53年 6月 宮城県沖地震発生
昭和 54年 11月 雷神埠頭(水深7.5m)岸壁完成
昭和 57年 3月 高松木材埠頭(水深12m)岸壁完成
昭和 61年 3月 港湾計画改訂(国際貿易港計画策定)
    8月 沖防波堤に着手
昭和 62年 3月 北防波堤(325m)完成
平成 2年 6月 仙台~東京間コンテナ・フィ-ダ-航路開設
平成 6年 3月 向洋地区(高砂埠頭)(水深12m)岸壁完成
平成 7年 3月 仙台港・仙台空港周辺地域が輸入促進地域(FAZ)に指定
    4月 高砂埠頭ガントリークレーン1号機供用開始
    6月 国際交流インフラ推進事業対象地域に指定
    7月 東南アジアコンテナ定期航路開設
平成 8年 2月 向洋地区(向洋埠頭)(水深12m)岸壁完成
      北米/日本・アジア/地中海コンテナ定期航路開設(平成11年6月休航)
    4月 エコポートモデル港に指定
      高砂コンテナターミナル本格供用開始(6.6ha)
    6月 港湾計画改訂
平成 9年 2月 高砂埠頭ガントリークレーン2号機供用開始
    4月 日本/北米西岸コンテナ定期航路開設
平成 10年 6月 仙台~横浜間コンテナ・フィーダー航路開設
    8月 向洋地区(高砂埠頭)(水深14m)岸壁に着手
平成 11年 6月 日本/アジアコンテナ定期航路開設(平成12年8月休航)
平成 12年 3月 仙台港国際ビジネスサポートセンター(FAZ施設)全面開業
    5月 日本/韓国コンテナ定期航路開設
平成 13年 2月 日本/韓国コンテナ定期航路(2航路目)開設
    3月 向洋地区(高砂埠頭)(水深14m)岸壁完成
    4月 塩釜港が特定重要港湾へ昇格、「仙台塩釜港」へ港名変更
    6月 高砂コンテナターミナル供用開始(20.2ha)
平成 14年 1月 韓国コンテナ航路(2航路)が中国まで延伸
    2月 高砂埠頭ガントリークレーン3号機供用開始
平成 16年 10月 沖防波堤1,300m完成
平成 18年 3月 仙台コンテナ検査センター完成
    8月 高砂コンテナターミナル拡張(20.2ha→21.6ha)
平成 19年 12月 高松埠頭耐震強化岸壁完成
平成 20年 11月 交通政策審議会第33回港湾分科会で港湾計画改定
      日本/韓国/中国コンテナ定期航路(3航路目) 開設
平成 21年 10月 高砂埠頭ガントリークレーン4号機供用開始
平成 22年 6月 第32回宮城県地方港湾審議会で港湾計画の軽易な変更
    11月 雷神埠頭2号岸壁(2バースのうち1バース)完成(水深7.5m→水深9.0mに増深)
      新中野地区モータープール完成(5.6ha)
平成 23年 4月 港湾法改正により特定重要港湾から国際拠点港湾に変更
平成 24年 10月 仙台塩釜港の港湾区域変更(石巻港、松島港を統合一体化)
平成 25年 6月 港湾計画改訂

港湾計画図

ボタンを押すと画像データが開きます(944KB)
※港湾計画図は、仙台塩釜港港湾計画書(宮城県)を元に東北地方整備局が作成したものです。

港湾計画図

ページ先頭へ戻る