国土交通省 東北地方整備局 塩釜港湾・空港整備事務所
トップ > 旬な情報

旬な情報

「松島湾アマモ花枝(種)採取会とアマモ場の生き物観察 IN 桂島」が開催されました!

 アマモ場の再生に取り組む一環として、アマモを移植するための花枝の採取、アマモ場の生き物の観察を

行いました。当日はあいにくの空模様でしたが、松島湾に着く頃には雨も止み、約40名の参加者がアマモの

花枝(種)採取を体験されました。

 

□イベント概要

 日  時:平成29年5月27日(土)8:30~13:00

  集合場所:くろしおマリーナ海側クラブハウス

  活動場所:塩釜市桂島

  参加人数:約40名

  主  催:松島湾アマモ場再生会議

  後  援:東北地方整備局 塩釜港湾・空港整備事務所

       一般財団法人みなと総合研究所財団

□当日の様子

 0527_amamo1.jpg      0527_amamo2.jpg

          開催のあいさつ                     船で移動

 

0527_amamo33.jpg      0527_amamo4.jpg

         アマモの花枝採取①                 アマモの花枝採取②

0527_amamo5.jpg      0527_amamo6.jpg

        みんなで地引き網                  捕まえた生き物の観察

 

0527_amamo7.jpg      0527_amamo8.jpg

         生き物の紹介                   捕まえた生き物の観察

 

 アマモとは、海草の一種です。海水や海底を浄化し、魚・イカの産卵場や稚魚の隠れ場であったりと、

海辺環境の重要な機能を有しています。そのため「海のゆりかご」とも呼ばれています。

 例年、アマモの花が咲いて種をつけ始める6月頃から花枝(種)を集めます。その後、アマモの種から芽が

出る頃に苗床を作って種を蒔きます。

 松島湾アマモ場再生会議では、毎年8月の夏休み期間に「親子で学ぶ松島湾の海辺」を開催し、海の生き物を

観察します。10月には塩釜市内で "みなと塩竈・ゆめ博 2017" が開催される予定であり、今回採取したアマモ

から種を取るイベント等を企画していますので、皆様もどうぞご参加ください。

 

【松島湾アマモ場再生会議リンク先】

  ・松島湾アマモ場再生会議HP ホーム

  ・Facebook

 

ページ先頭へ戻る