国土交通省 東北地方整備局 塩釜港湾・空港整備事務所
トップ > 旬な情報

旬な情報

 

『親子で学ぶ松島湾の海辺 in 桂島』が開催されました!

 松島湾アマモ場再生会議では、海の自然に親しみ、海辺の豊かさや大切さを学んでいただくため、

様々な活動を行っています。今回は夏休みの海辺体験学習として、アマモ場の世界を体験しながら

海の生き物とふれあいました。

 連日、雨模様が続いておりましたが、イベント開催時には気温も上がり天気にも恵まれ、真夏の日差しが

照りつけておりました。

 

~アマモとは~

 アマモとは、海の中で花を咲かせて種を付ける海草の一種です。アマモは波が穏やかで、太陽の光が届く浅い砂地の

海辺に生えます。松島湾のアマモ場は東日本大震災前に約 1400 ヘクタールありましたが、震災の津波により、約10分の1に

まで減少してしまいました。平成24年に松島湾のアマモ場再生を目的として、「松島湾アマモ場再生会議」が発足され、

毎年、アマモ場再生の活動を行っております。

 なお、「松島湾アマモ場再生会議」とは、東日本大震災後の松島湾全体の生態系や海の生活文化の再生を目指して

漁業者、市民、企業、大学・研究機関、行政等が協働して、松島湾周辺のアマモ場の再生に関する情報交流、研究支援、

啓発、実践活動を行っている団体です。当事務所はこれまでの港湾整備事業で蓄積された海域環境保全のノウハウを活かして

検討会の開催や「松島湾におけるアマモ場再生ガイドブック」の提供を行い、地域の皆様と連携してアマモ場再生活動に

取り組んでいます。

  

 

guidebook_cover.jpg






ガイドブックはこちらより
ダウンロード出来ます。(約3.7MB)
是非ご活用ください。




 






□イベント概要

  日  時:平成29年8月23日(水)7:30~12:00

 集合場所:くろしお北浜マリンベース

 活動場所:塩釜市浦戸桂島

 参加人数:73名(大人34名、子供39名)

 主  催:松島湾アマモ場再生会議

 後  援:東北地方整備局 塩釜港湾・空港整備事務所

      一般財団法人みなと総合研究所

 

□当日の様子

 当日は天気にも恵まれ絶好のアマモ活動日和!過去最多となる73名の一般参加があり、まず「松島湾の

海の環境」の講座を受けました。その後、ライフジャケットを身に付けて、いよいよ桂島に出発です。

 

mtsm17_01    mtsm17_2  

「松島湾の海の環境」について勉強            船に乗って松島湾へ移動 

 

 



   桂島に着くと子供達は海に飛び出して、ヤドカリや貝を見つけると大はしゃぎしていました。また、

アマモ場に生息する生き物を調査するため、みんなで協力して地引き網を行いました。


mtsm17_03   mtsm17_04

浅瀬で海の生き物を探す参加者たち         みんなで力を合わせて地引き網




 地引き網からは小魚や小さなエビ、カニなど様々な生き物が沢山いて、子供達は興奮気味に生き物を

捕まえていました。中には珍しいタツノオトシゴや大きくなると高級なアオリイカの赤ちゃんも

確認出来ました。

 
mtsm17_05   mtsm17_06

捕まえた生き物の採取               タツノオトシゴ発見!

mtsm17_7.jpg

稚イカ(アオリイカ)





 海洋環境専門家の木村尚氏によると、タツノオトシゴなどは自然豊かな海でしか生きられないため、

このようなアマモ場はとても大事であると参加者の皆様に解説されていました。(この日は3匹も生息が

確認出来ました。)

 

mtsm17_8.jpg  mtsm17_09

海の生き物紹介                最後は全員で集合写真







 アマモ場再生会議では、引き続きアマモ場再生に向けた活動を行っていきます。10月には塩釜市内で

“みなと塩竈・ゆめ博 2017”が開催される予定であり、今年5月に採取したアマモから種を取るイベント等を

企画していますので、皆様もどうぞご参加ください。

 

ページ先頭へ戻る