国土交通省 東北地方整備局 塩釜港湾・空港整備事務所
トップ > 旬な情報

旬な情報

 

『アマモ移植会と「塩釜ゆめ博海岸」 干潟つくり』が開催されます!

 10月9日(月)、塩竈の魅力をおよそ1ヶ月にわたり体験できるイベント「みなと塩竈・ゆめ博」

(10/1~31)の一環として、松島湾の海の環境やアマモ場の大切さを知っていただくため、

仙台塩釜港塩釜港区において『アマモの移植と「塩釜ゆめ博海岸」干潟つくり』が開催されます。

 「アマモの移植」では、今年の春に集めたアマモの種を選別して、種を撒きます。また、海の生き物に

触れ合えるタッチプールも体験でき、海洋環境専門家の木村尚氏(DASH海岸でお馴染み)とアマモや

海の生き物を観察し、松島湾の海の環境を学びます。

 今回はアマモ場や海の生き物観察など海辺に親しむことができるよう「干潟」を新たにつくります。

「干潟」つくりでは、北浜地区で整備が進められている公園にみんなで協力してバケツリレーで砂を運びます。

 お昼はみんなでバーベキューをします。松島湾でとれた魚介類をはじめ、様々な食材が用意されて

いますの、奮ってご参加ください。

~アマモとは~

 アマモとは、海の中で花を咲かせて種を付ける海草の一種です。アマモは波が穏やかで、太陽の光が届く浅い砂地の

海辺に生え、小魚の隠れ処や産卵場所になるため、「海のゆりかご」とも呼ばれます。松島湾のアマモ場は東日本大震災前に

約 1400 ヘクタールありましたが、震災の津波により、約10分の1にまで減少してしまいました。平成24年に松島湾の

アマモ場再生を目的として、「松島湾アマモ場再生会議」が発足され、毎年、アマモ場再生の活動を行っております。

 なお、「松島湾アマモ場再生会議」とは、東日本大震災後の松島湾全体の生態系や海の生活文化の再生を目指して

漁業者、市民、企業、大学・研究機関、行政等が協働して、松島湾周辺のアマモ場の再生に関する情報交流、研究支援、

啓発、実践活動を行っている団体です。当事務所はこれまでの港湾整備事業で蓄積された海域環境保全のノウハウを活かして

検討会の開催や「松島湾におけるアマモ場再生ガイドブック」の提供を行い、地域の皆様と連携してアマモ場再生活動に

取り組んでいます。

 

ガイドブックダウンロード
(PDF・ファイルサイズ 約3.7 MB)
guidebook_cover.jpg 

 





【去年のイベント開催の様子】

 

 

2017yume_1  2017yume_2.jpg

アマモ(中央にある丸い粒が種です)           アマモの種をふるいにかけます


2017yume_3   2017yume_4

      アマモの種を選別します         選別した種を植えて大きく育つのを待ちます .

2017yume_5   2017yume_6

タッチプールで海の生き物を観察します               集合写真       . 

 

 

◆日  時:平成29年10月9日(月) 9:00~15:00  <8:30から受付開始>

◆集合場所:北浜マリンベース(塩釜市北浜4丁目71-10)

      ※JR仙石線 東塩釜駅より徒歩3分

      ※イベント特設駐車場があります。(チラシをご覧ください)

◆参 加 費 :500円(昼食バーベキュー付き) 

◆定  員:100名 ※要申込み

◆準 備 物 :帽子、長靴

◆講  師:木村 尚氏(海洋環境専門家)

      「松島湾の海辺の環境について」

◆お問合せ/お申込み先

     :チラシの「お申し込みフォーム」またはお電話・FAXで申込みください。

      松島湾アマモ場再生会議(伊藤栄明まで)

      TEL 090-3126-1692 FAX 022-362-2490

【スケジュール】

  8:30 受付開始

  9:00 開会

  9:10 アマモの種を選別・移植

  10:30 海の生き物タッチプール

  11:30 昼食バーベキュー

  12:30 干潟つくり

  15:00 解散

  ※悪天候の場合にはイベントが中止となる場合があります。

 

 

 

詳細はチラシをご覧ください。

(ファイルサイズ・約1 MB) 

 

 

ページ先頭へ戻る