東北沿岸域環境情報センター
HOME > 東北地方整備局の沿岸域環境への取組 > 松島湾の海域環境復興を考える検討会

松島湾の海域環境復興を考える検討会

 
検討会について

【経緯】

  宮城県の沿岸域では、東日本大震災による藻場・干潟の消失や改変などによる海域環境・生態系の悪化が懸念されており、特別名勝「松島」を抱える松島湾においても、広大な藻場や浅場が消失しました。
  そこで、松島湾の海域環境改変の状況を把握するとともに、地元関係者が主体となった環境復興の今後のあり方等について検討を行うため、有識者、市民団体・漁業関係者を始めとする地元関係者等で構成する「松島湾の海域環境復興を考える検討会」(以下、検討会。)を設置しました。

【主な活動主体】

  松島湾の海域環境復興を考える検討会

【活動状況・成果】

  現在、アマモ場再生方針を定め、それに基づいて取り組みを行っています。
  具体的な再生計画として、アマモ場再生のためのゾーニング、アマモ場再生行動計画の策定を行い、それに基づき活動を行っております。

アマモ場再生のためのゾーニング  

 

【詳細情報】

  • 塩釜港湾・空港整備事務所HP  http://www.pa.thr.mlit.go.jp/shiogama/
    (「松島湾の海域環境復興を考えるシンポジウム」~津波で失われたアマモ場をとりもどそう!~ より)

ページ先頭へ戻る