東北沿岸域環境情報センター
HOME > 東北沿岸域の環境情報 > 水質 > T-N(全窒素)

T-N(全窒素)

 

【T-Nとは】

  T-NとはTotal Nitrogen(全窒素)の略称で、水中に含まれる窒素化合物の総量をいいます。窒素は無機態窒素と有機態窒素に分けられます。さらに無機態窒素はアンモニウム態窒素(NH4-N)、亜硝酸態窒素(NO2-N)、硝酸態窒素(NO3-N)に分けられます。有機体窒素はタンパク質に起因するものと、非タンパク性のものとに分けられます。窒素は、動植物の増殖に欠かせない元素で、富栄養化の目安になります。海域の環境基準はⅠ類型:0.2mg/リットル以下、Ⅱ類型:0.3mg/リットル以下、Ⅲ類型:0.6mg/リットル以下、Ⅳ類型:1mg/リットル以下と定められています。

【東北沿岸域の水質特性(T-N)】

  東北沿岸域をみると、青森港がⅠ類型、宮古港及び大船渡港がⅡ類型、小名浜港がⅢ類型に指定されており(その他の港湾は類型指定されていません)、良好な水質環境が求められています。類型指定されている港湾をみると、平成23年度は、全ての港湾で環境基準値を満たしており、T-Nの良好な水質環境の港湾となっています。

【水質調査地点】

  下の地図の水質調査地点(赤い丸印)をクリックすると、各港湾のT-Nと環境基準値を示したグラフが表示されます。
※環境基準値が定められていない地点が有ります。

【詳細情報】

ページ先頭へ戻る

青森港 青森港 八戸港 八戸港 能代港 能代港 秋田港 秋田港 酒田港 酒田港 小名浜港 小名浜港 仙台塩釜港 仙台塩釜港 大船渡港 大船渡港 宮古港 宮古港