メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 事務所の取り組み > 港見学・出前講座の案内

港見学・出前講座の案内

更新日:2024年6月25日

港見学

当事務所では、当事務所所有の船舶「ほくと」による港の見学や出前講座の取り組みを行っております。
海上工事の様子や港の利用状況などを実際に見ながら、港の機能や役割を学ぶことができ、
総合学習の時間として、小中学校及び高等学校等でご利用いただいております。
港に興味がある方や港について勉強したい方はご連絡ください。

ご利用についての留意事項

場所 八戸港
期間
令和6年は9月中旬から12月中旬までを除く期間
平日の午前9時から午後4時まで
対象 教育機関・小中学校及び高等学校の方、5名以上の地域の団体・NPO・自治体の方
経費 無料
  • 見学会は乗船して行います。
  • 当日の波の状況から、急遽、船での対応を行うことができない場合もあります。
  • 船の定員は10名までになりますが、お時間のある場合は班を分けて乗船などの対応もさせて頂きます。
  • 見学会参加者の保険加入は行っておりません。主催者または乗船者各位で加入の対応をお願いします。
  • DSC09050.JPG

    港湾業務艇(ほくと)

  • IMG_4081.JPG

    海上見学の様子(ほくと船内)

海上見学ルートの例

20230704.JPG



出前講座

出前講座は、港についての知識を深めたいと思っている小・中学生の皆さんへ私たち職員が出向いてお話させていただきます。
港、海、地球環境、海洋土木技術、港湾物流などについてお話します。(一般の方も対象としています。)

講座メニュー例

講座名 講座内容 主な対象
港と暮らしのかかわり 外国と貿易の出来る港、空港とは
食材・衣類をはじめとする貿易と日常生活の密接なつながり
小中学校
世界各地と日本を結ぶ港 資源の乏しい島国日本にとって、原材料の輸入は必要不可欠であり、
その手段として船舶による輸送と港湾の果たす役割の重要性について
小中学校
港湾整備事業の概要 港湾(海岸)整備事業の仕組み
高校・一般 
荒波から港を守る防波堤の機能   防波堤の種類と造り方
(津波防護型、海水交換型、波力発電型、反射波防止型等の技術、灯台について)
高校・一般 

 

お申し込み・問い合わせ先

031-0071   青森県八戸市沼館4丁目3番19号
国土交通省東北地方整備局八戸港湾・空港整備事務所   企画調整課
電話番号:0178-22-9397

誠に勝手ながら準備の都合もありますので、見学・講演希望日の1か月前までにお申し込みください。
また、港湾業務艇の運航状況や当事務所の都合により、お申し込みいただいても対応できない場合もありますので、予めご了承ください。