ホーム > 福島のみなと > 小名浜港の概要 > 小名浜港の整備概要

小名浜港の整備概要

1 人工島を整備します
東港地区に約52haの「国際物流ターミナル」を整備します

近年、石炭などの貨物取扱量の増加とこれらを輸送する船舶の大型化が進む中、小名浜港では、大型船が接岸できる水深の深い岸壁が不足していることから、積載量を減らしての入港や、船舶の沖待ち(滞船)が発生し、とても非効率な状況にあります。このような状況を解消し、物流コストの削減や産業の国際競争力強化を図るため、東港地区国際物流ターミナルの整備を推進します。

 

2 人工島へ渡る橋を整備します
3号ふ頭と人工島を結ぶ臨港道路として整備します

 

ランドマーク性を重視、風景として橋の美しさを表現。アクアマリンパークと一体となった景観を形成します。
【沖待ちの解消】
東港の大水深岸壁供用によって、慢性的に発生している沖待ち(滞船)を解消します。
【船舶大型化への対応】
水深18m岸壁の供用により世界最大級の貨物船が入港可能になります。
【橋梁の整備】
東港地区と既存のふ頭を結び、物流の利便性向上に寄与します。
・道路延長:1,805m(うち橋梁:927m)
【貨物量増加への対応】
今後ますます増加することが見込まれる石炭を効率的に取り扱うふ頭を整備します。
【避泊水域の確保】
防波堤の整備により避泊水域を確保し、船舶の海難事故を回避します。

2 防波堤を整備します
沖防波堤:延長2,540m、第二沖防波堤:延長860m

荒天時(台風や低気圧)における避泊水域の確保により船舶の海難事故回避などを図るとともに、港内の静穏度を高め、安定した荷役作業及び航行船舶の安全を確保するため、沖防波堤と第二沖防波堤の延伸を行っています。

 

ページ先頭へ戻る