ホーム > 秋田の港 > 船川港の概要 > 天然の良港から船川港築港のあゆみ

船川港

秋田の港 秋田港 船川港 能代港

天然の良港から船川港築港のあゆみ

 船川港は男鹿半島南東部に位置し、周囲が岩礁に囲まれて波浪が少なく、また、北西に位置する真山などの山地が季節風を防いでくれるなど、その独特の恵まれた地形のため、1911年(明治44年)の築港以前も、古くから日本海航行の船舶が避難する「風待ち港」として利用されていた。近代には、1878年(明治11年)、工学大学校(現在の東京大学工学部)教師ペリーの指導のもとに、当時の工部大学校生・千種基、仙石貢、石橋絢彦らにより測量調査が実施され、1880年(明治13年)、県令 石田英吉が内務卿 伊藤博文に改修の申請を行った。同年、内務省はお雇い技師セ・イ・ファンドールンを船川に派遣して実地調査を行い、船川繋船場改修見込書および図面を県に交付。 1895年(明治28年)、県会議員 大日向作太郎から船川港湾埋立の請願を提出された県知事 平山靖彦は、内務省にこれを進達し、認可される。1897年(明治30年)、大日向作太郎が主唱者となり船川港湾築港期成同盟会が設立される。1900年(明治33年)、大日向作太郎が通常県会に上程した船川港湾修築諮問案が可決し、本省へ申請されるが、決定されないまま1904年(明治37年)、日露戦争の開戦となる。日露戦争後、1907年(明治40年)から本格的に測量調査が実施され、1908年(明治41年)、秋田県技師 牧彦七が東京帝国大学工科大学教授 廣井勇の意見を聴いて船川港湾調査報告をまとめる。1910年(明治43年)、港湾調査会において、船川鉄道敷設を条件として、土崎港(現在の秋田港)と併せて一港とすることで、第2種重要港湾に指定される。

 1911年(明治44年)から本格的な築港が開始され、鉄道の開通が急がれることとなる。1913年(大正2年)、第一船入場が築造され、1916(大正5)年、船川軽便線(現在の男鹿線)が開通したことで、 海陸運送が盛んになり、集積地としての需要が増す。1927年(昭和2年)、内務省により第2種重要港湾に編入され、1930年(昭和5年)、5000t岸壁が完成することで外国貿易港としての第一歩を踏み出し、今日の輪郭が形成される。
第一船入場の築造に伴って1914年(大正3年)に造られた第一船入場防波堤と5000t岸壁とともに施工されて1930年(昭和5年)に完成した第二船入場防波堤は、その後の港湾整備により大部分は埋め立てられた状態ではあるが、その一部は現在も残存し、間知石積み工法による大正から昭和初期の技術の面影を留める貴重な土木遺産である。

コンクリート塊運搬用双胴船 木造軌道起重機
路面転圧用マカダムローラー(英国製) 木造軌道起重機 牧彦七

 

取扱貨物量など 秋田港の歴史