ホーム > 秋田の港 > 能代港の概要 > エネルギー供給基地としての能代港

能代港

秋田の港 船川港 秋田港 能代港

エネルギー供給基地としての能代港

 1977年(昭和52年)12月、能代市、能代市議会、能代商工会議所の3者が能代火力発電所誘致を決定し県に要請しました。
翌年4月から大気、海域、植物等の環境調査の実施を経て、1981年(昭和56年)3月の第84回「電源開発審議会」で電源開発基本計画に組み入れられ、同年に能代港は、『重要港湾』の指定を受け、第6次港湾整備5カ年計画(昭和56~60年)でエネルギー港湾として計画が決定されました。
この計画は、火力発電所用地として110ヘクタールの土地を造成し、110ヘクタールの廃棄物処理用地、外港北防波堤1,000m、南防波堤920mの延長、さらに石炭運搬船の60,000トン級船舶が出入りできる水深-14mの航路を確保しようとするもので、1989年(平成元年)の石炭船第1船入港、1990年(平成2年)9月の発電所運転開始を目指して、秋田県が1981年(昭和56年)11月から埋め立て護岸4.2kmを、国の工事として秋田港工事事務所(現秋田港湾事務所)が翌1982年(昭和57年)から防波堤工事に着手しました。
工事は途中1983年(昭和58年)の日本海中部地震・津波による被災のため遅れましたが、1993年(平成5年)5月に1号機が運転開始され、ついで翌1994年(平成6年)12月に2号機の運転が開始されました。さらに2016年(平成28年)2月には、3号機の建設が開始されています。

能代火力発電所 <能代火力発電所>

主燃料: 石炭

発電出力: 60万kw×2台

~エネルギー港湾への遍歴~

火力着工前の能代港
<火力着工前の能代港>
火力用地整備中
<火力用地整備中>
現在の能代港
<現在の能代港>
火力発電所

 

取扱貨物量 能代港の歴史