HOME > 学習コーナー > 取扱貨物量と輸移出入国

【学習コーナー】港とくらしについて

 

1.港とくらしについて

2.港と空港について

3.港と空港のしくみ

4.八戸港の歴史と将来像

取扱貨物量と輸移出入国
 
多目的国際物流ターミナルのコンテナヤード
多目的国際物流ターミナルのコンテナヤード

 外国との貿易に使われる船のことを外航船といいます。平成27年には421隻の船が八戸港に出入りしました。その取扱貨物量でみると、輸出は約42万トン、輸入は約710万トンでした。
 また貨物のなかにはコンテナ貨物もありますが、その取扱量は(神奈川県などとの内航船もわずかにふくむ)輸移出が約53万トンで輸移入が約49万トンでした。これを金額でみると、輸出額は約1,294億円、輸入額は約1,921億円でした。
 以上が平成27年の八戸港における輸出入の数字データですが、次に輸出入相手国で、取扱貨物量の多い順番をあげてみましょう。輸出では1位は韓国(55.7%)、2位は中国(21.4%)、3位は台湾(11.2%)、輸入では1位はフィリピン(30.9%)、2位はチリ(11.6%)、3位はオーストラリア(11.2%)になっております。

 
輸出入貨物構成 (平成27年度実績)
  内容 数量(単位:トン) 占める割合 合計(単位:トン)
輸出 金属機械工業品 153,020 35.9% 426,312
鉱産品 122,560 28.7%
軽工業品 58,297 13.7%
農水産品 50,411 11.8%
特殊品 30,534 7.2%
その他 11,490 2.7%
輸入 鉱産品 3,682,311 51.8% 7,106,275
林産品 1,447,956 20.4%
農水産品 1,045,932 14.7%
化学工業品 465,546 6.6%
特殊品 304,768 4.3%
その他 159,762 2.2%
 
移出入貨物構成 (平成27年実績)
  内容 数量(単位:トン) 占める割合 合計(単位:トン)
移出 鉱産品 2,832,999 62.7% 10,762,523
化学工業品 1,040,161 23.0%
金属機械工業品 277.384 6.1%
軽工業品 225.046 5.0%
雑工業品 83,174 1.8%
その他 57,367 1.3%
移入 化学工業品 2,361,656 59.6% 3,959,541
金属機械工業品 582,333 14.7%
特殊品 462,579 11.7%
鉱産品 263,035 6.6%
農水産品 197,912 5.0%
その他 92,026 2.3%
※フェリー貨物を除く
 
ページ先頭へ戻る